水着の女性

豊胸手術は美容外科クリニックで|これであなたもメリハリボディー

手軽にバストアップを

女医

豊胸手術というと体にメスを入れてシリコンなどを入れるインプラント豊胸手術が一般的だと思われがちですが、最近ではメスを使わず体に負担をかけない方法も選ぶことが出来るようになっています。自分の余分な脂肪を使って行なう脂肪注入豊胸手術は手術跡も残らず、見た目も自然な仕上がりを実現することが出来ます。

View Detail

最高のプロポーションへ

ドクターとナース

バストは、人の体のスタイルの中でもかなり重要なパーツです。バストがあるだけで、スタイルが全く違って見えるのです。大きさに悩んでいる人には、豊胸手術をおすすめします。美容整形外科で正しく手術をすれば、大きなバストが手に入ります。

View Detail

豊胸の美容整形

バスト

脂肪注入とバッグ挿入

バスト関係の美容整形の中でも需要が高いのが豊胸手術です。豊胸手術には、脂肪注入とバッグ挿入、ヒアルロン酸注入があります。脂肪注入は、大腿部や腹部、臀部などから余分な脂肪を吸引し、それを胸に注入する手術です。胸を大きくすることはもちろんですが、気になる部分の部分痩せも同時にできるのでメリハリのあるスタイルが作れます。バッグ挿入はわきの下やアンダーバストを数センチ切開し、そこからシリコンを入れてボリュームを出す豊胸手術です。全身麻酔で行い、手術後は2週間程度腫れが続きます。脂肪注入の場合は入れる脂肪がなければ手術ができませんが、バッグ挿入は好きなサイズのシリコンを選べばいいので理想のバストになれます。

手術の特徴と注意点

脂肪注入の豊胸手術は、注入した脂肪の7割程度が体内に吸収されます。大量に脂肪を入れても生着する量が限られるのが脂肪注入の欠点です。大きくバストアップしたい場合は、何回か脂肪注入を繰り返す方法がありますが、それでもボリュームアップする量には限界があります。1カップ以上豊胸したい場合は、シリコンジェルなどを挿入するバッグ挿入が適しています。脂肪注入よりも本格的な手術になりますが、一度の手術で希望どおりのバストの大きさにできます。しかし、シリコンジェルの性質によっては安全性を考えて10年に一回くらいの割合で入れ替えが必要な場合があります。また、手術後は半年以上マッサージを続けるなどのアフターケアが必要になります。

悩みを解消して自信を取り戻す

豊胸手術をする事で女性としての自信に繋がり、積極的な行動がとれるようになるのではないでしょうか。胸の大きさだけで女性の価値は決まりませんが、本人にとっては大きなコンプレックスとなるものです。実際に、胸が大きい女性が好きだという男性も多いです。大きく見せる下着なども日々開発されているでしょう。そんな中、豊胸手術にも注目が集まっています。シリコンを入れたり脂肪注入をしたりなど、様々な方法が用意されています。大きな悩みとして抱えているのであれば、美容外科に足を運んでみると良いのではないでしょうか。

理想のバストに近づける

ボディ

バストの大きさにコンプレックスを抱えている人は、豊胸手術によってその悩みを解消していくことができます。最近ではこの豊胸手術にも種類が増え、より気軽に受けられるようになりました。その種類によって特徴があるので、自分に合う方法で優れた技術を持つ美容外科を選んでいくことです。

View Detail